伊是名 淳  Atsushi Izena

VIVACE代表/陶芸作家

1970年 那覇市生まれ。VIVACE代表取締役。

1992年 九州産業大学 芸術学部デザイン学科卒業。

1993年 中学・高校美術教員(〜2001年)

2002年 “活き活きとした暮らし”をコンセプトとしたカフェ・エステ・ショップ・陶芸工房・

     クッキングスタジオからなる複合ビルVIVACEを設立。全プロデュースを手掛ける。

2003年 デザインと機能性に優れたユニバーサルカップ(特許取得作品)を制作。

2009年 ファッションブランドYOKANGの染色家 田仲 洋とDesign Unit THAIを結成。

      染物と焼物を融合させた作品をデザイン・制作。

2010年 豊見城中央病院付属健康管理センター全フロアのアート制作をTHAIで手がける。

2012年 東京(+case gallery)にてDesign Unit THAI 個展を開催。

     LOOCHOO展 in ロンドンにて「BORN RYUKYU SERIES」を展示。

     リーガロイヤルグラン沖縄の全ルームプレート及びアート制作を手がける。

2014年 Paper Jewelryディレクターとして全国展開開始。

1984年読谷村生まれ。沖縄県立芸術大学デザイン科卒業。

VIVACE専属デザイナーとしてグラフィックデザインを主体に、

企業ロゴデザインやパンフレット、パッケージ等の紙媒体のデザインを行う。 

2012年、紙の魅力を伝える紙の祭典「KAMI・GAKARI 2012」にてペーパージュエリーを発表。

同年4月グループ展「LOOCHOO」ロンドン、沖縄にてペーパージュエリー販売開始。

ペーパージュエリーデザイナーとしてオーダー制作やペーパークラフト講師として活動する中、

2014年にPaper Jewelry 全国展開開始。その後、全国テレビ、新聞、雑誌、ラジオなど数多くのメディアにて取り上げられ注目を集める。2016年には青山スパイラルにて展示会を開催。同年、ディスニー社公認のコラボレーション商品発売。紙の魅力に魅了された自称「紙フェチ」ペーパークリエーター。

古堅 ちひろ  Chihiro Furugen

ペーパージュエリーデザイナー/グラフィックデザイナー